長期間効果が得られる宣伝媒体|オリジナルうちわを使うメリットとは

広告

媒体によって変わる評価

企業広告は単に認知度を広めればよいものではありません。品質やイメージそして信頼度を維持しなければならないのです。インターネット上の広告は、格安料金で掲載することができます。しかし信頼度や品質を低下させる恐れがあるのです。

レディ

空きスペースを広告に活用

空きスペースを有効活用しようという動きが広がっている中、広告目的での自由市場利用が注目されています。遊休スペース活用サイトの自由市場は全国の空きスペースを手軽に検索できるため、広告設置でも利用が増えているのです。自由市場のサイトで条件に合った空きスペースが見つかれば、本予約へと進むことができます。

新聞

掲載有効期限は一日

新聞広告は昔から利用されている広告手法の一つです。社会的信用度が最も高い媒体という事で、謝罪広告などに利用されることも多くなっています。また、ビジネス向けの広告も有効であるため、法人向けの広告が掲載されることも多くなっています。

継続的な宣伝に生かせる

紳士

コスパの良い宣伝効果

宣伝にかかる費用は膨大で、効果があまり得られないこともありますが、品質の良いオリジナルうちわなどを活用すると宣伝効果を最大限にできます。複数のオリジナルうちわをまとめて製造すればコストも安くでき、利益に直接はつながらなくても、チラシやネット広告に比べると長期間保持してもらえるため、宣伝効果が大きくなります。夏場は特に暑い場所や屋内、事務所などでも使われて、オリジナルうちわを持ち歩いてもらえればそれだけで、持っている方が広告塔になってくれます。雑誌やネット広告では10万円かけても一瞬で広告が消えてしまいますが、モノとして使い続けられるものはしばらく継続して宣伝効果が期待できます。10万円で作れるオリジナルうちわの数は限られていますが、確実にうちわを使っている人の母数が増やせるため、接触回数より、それぞれの顧客の視認回数を増やせるというメリットがあります。最も効果が高いのは既にスーパーマーケットやコンビニで簡単に入手できる価格の安い商品で、イメージを高める効果を合わせると宣伝効果が高まりやすいです。夏場に合わせてアイスクリームやかき氷、飲み物やおやつのようなものの広告をオシャレに制作できればオリジナルうちわであっても長く使われるため、同じ金額をかけて1カ月から3カ月と宣伝期間を増やすことができます。無料で配布する場合にはその商品に対するイメージも高まりやすいため、宣伝のコストパフォーマンスを十分に高められます。