長期間効果が得られる宣伝媒体|オリジナルうちわを使うメリットとは

掲載有効期限は一日

新聞

社会的信用度が高い

広告媒体の数は限りなくあります。新聞やテレビCMなどを活用したマスメディア広告や、ダイレクトメールやチラシ配布、ポスティングなどの手法、街頭の看板や電車の中吊り広告を利用した方法など様々です。そして最近ではインターネットを活用した広告も多くなっています。それぞれの広告にはメリットとデメリットがあります。対象とする消費者の違いもあるため、それぞれの広告手法を使い分けることが大事なポイントとなっています。新聞広告は以前より活用されている広告手法です。定期購読の世帯を中心に目を通してもらえるものとなっています。企業で購読しているケースもあるため、ビジネス向けの広告も効果がある特徴を持っています。社会的信頼性が最も高いマスメディア媒体ですので、高い信頼を得ることができるのも新聞広告の特徴となっています。謝罪広告などを利用する際には新聞広告が最もメリットが高いとされています。新聞広告は費用が掛かるというデメリットもあります。しかしこれは地域を限定したり広告の掲載場所を限定させたりすることで費用を節約することもできます。しかし新聞の広告の有効期限が一日限りです。そのため継続的に掲載するなど考慮しておく必要があります。カラーなども掲載することができます。しかし媒体に使用する紙質は低いため、そのリアリティさを出すことは難しくなっています。カラーで掲載する場合には、雑誌などを活用することがおすすめとなります。